BROMPTON ニュークランク(2013年モデル)の問題点

2013年モデルの右クランクは、チェーンリングとクランクが別体構造になっていてギア比の変更がしやすい構造になってます。ギア比を変更する場合は、以前の一体型より容易に変更することができて便利だと思います。問題は折りたたみペダルが付いている左クランクです。数年前のモデルより折りたたんだ際、フレームに傷が入らないようにストッパーが付いているのですが、2013年モデルのストッパーは、それが少し小さいのか、写真のようにペダルの首を左右に少し振った状態だと簡単にストッパーを乗り越えてしまいます(ストッパーは、クランクとペダルが完全に一直線の状態でしか効きません)。こんな不完全なストッパー全く意味がありません。というより、それに気づかずに使ってる人はストッパーが付いていないクランクを使ってるより危険ですよね。クルマの世界なら完全にリコールもんですわ。
a0209561_19341954.jpg

本来なら突起部分を大きくするなど、クランク側を加工してしてactive safety(能動的安全)を採りたいところですが、以前失敗してることもあり、今回はとりあえずpassive safety(受動的安全)に走りました。




100均で買った鍋つかみを被せてときました。とりあえずこれでフレームへの攻撃は防御できる
でしょう。ただ、おっさんにこの柄はきっついなぁ~
a0209561_19343430.jpg

[PR]
by shimeen | 2013-12-10 19:38 | BROMPTON
<< 2014年 初走り ブロンプトンのサドル >>